薬剤師 年収アップのための転職をしたい場合

薬剤師さんが転職を考える場合、「年収アップを目指して転職を目指す」転職理由をお持ちの場合も多いです。
実際、多くの薬剤師の方が転職によって年収アップに成功しています。
勤務先の病院、企業、自治体の状況にもよるのですが、薬剤師の年収は40代後半~50代前半で頭打ちになることは多いです。
年齢に比して年収300万円台、年収400万円台と大学時代の友人達と比べて年収が低いことに悩んでいる・・・といったような場合には転職によって年収アップする可能性は高いといえます。
薬剤師が転職で年収アップするには、求人選び、給与交渉が重要となります。

実際どうなの?薬剤師は転職で年収アップはできる?

転職するあたり、大きな決断が必要です。

新たな職場で仕事に慣れる必要もありますし、人間関係も改めて構築し直す必要もあります。

でも、また新たな気持ちで仕事に取り組めますし、年収が低い悩みを抱えていてそれが解消できるのであれば、やり甲斐を持って薬剤師として仕事に取り組めるというものです。

転職する事によって得られるメリット、そしてデメリットを考えると転職することにより大きな魅力を感じる薬剤師さんは多いかと思います。

薬剤師転職の大手エージェント、マイナビ薬剤師によると薬剤師の転職理由としてトップは、

「年収、月収、手当など収入アップが目的」

であり、実際に転職によって年収アップに成功した薬剤師野方は65%にも上っています。

マイナビ薬剤師 転職での年収アップ割合

参照:薬剤師転職でどれくらいの人が年収アップしている?年収アップ編

⇒ マイナビ薬剤師への登録はこちら
中には100万円以上の年収アップに成功した薬剤師さんも・・・。

年収アップと同時に、

    通勤が楽になった
    残業が減った

という希望を転職によって叶えた方も多数いらっしゃいます。

転職の際、年収アップを実現させるには給与交渉も重要です。

年収アップには薬剤師専門の転職エージェントの活用が欠かせません。

転職先企業の基本情報、基本給や給与昇給率、賞与、手当などの情報も踏まえつつ、年収アップの可能性がある求人紹介をしてくれます。

さらに実際に転職を目指すにあたり、給与交渉も代わりに行ってくれます。

これまで多くの薬剤師さんの転職支援を行ってきた経験から、あなたの強み・年収アップに繋がるアピールを第三者の視点から行ってくれます。

転職先の調剤薬局が求めるスキル・経験を適切にアピールすることで高年収を引き出せる可能性が高まります。

年収300万円、年収400万円の薬剤師さんは転職で年収アップ出来る可能性大

薬剤師として働く上で、年収を重視される方は多いと思います。

病院薬剤師の方で年収が低いことに悩まれている方は多いと思うのですが、調剤薬局薬剤師へ転職したらすぐに年収アップに成功出来る方は多いといえるでしょう。

今の年収が300万円、400万円台と低いと感じている薬剤師さんは、勤務場所を選ぶことで転職によって年収アップに成功する可能性は非常に高いといえます。

特に病院は給料が決まっていることが多いため、このまま勤続を続けていても大きく昇給することは期待できません。

そのため、早くに年収が頭打ちになった・・・と感じる薬剤師さんも多く、また夜勤もあり体力的なキツさから30代で転職し、調剤薬局薬剤師として働く、製薬会社の薬剤師として働く、といった方も少なくありません。

薬剤師の年収、頭打ちになる年齢は?

薬剤師の平均年収ですが、ここのところは約580万円前後で推移しています。

薬剤師の年収が頭打ちになる年齢は50代となる職場が多いです。
(40代後半に男性薬剤師は年収が頭打ちになるというデータも)

今、勤務されている職場で働き続けた場合、将来的にどれくらいの年収になるかある程度、予想がつく方も多いと思います。

病院薬剤師の方も給料が決まっていますから、想像がつくと思いますし、調剤薬局薬剤師でも上場している企業の場合には有価証券報告書などから年収を知ることも出来るでしょう。

調剤薬局に勤務する場合には、企業によって薬剤師の年収差はかなり出ます。

100万円~200万円の給与差となるケースもあります。

年収によって差が出る、薬剤師としての生涯賃金

40代、50代、お金がかかる年代でもありますね。

将来お金がかかる年代で、年収400万円、年収500万円でやっていけるだろうか・・・?

という心配がある薬剤師さんは多いのではないでしょうか。

頭打ちになる年齢の頃に転職を目指すのも良いのですが、もっと転職しやすい年齢の間に転職しておく選択肢もあります。

早い年齢から高年収を得る転職に成功していれば、薬剤師として得る賃金、生涯賃金が増えます。

年収100万アップの転職に30代で成功していれば、その後も昇給していくのですから生涯賃金では2,000万円~3,000万円以上など変わってくるのではないでしょうか。

病院薬剤師の年収

病院薬剤師の年収が低いのは有名な話です。

40代で年収400万円台、といった薬剤師さんも少なくありません。

病院に勤務する場合、夜勤ありでの給与となりますので体力的に大変、仕事の大変さの割に給料が安い・・・と悩み、辞めたいと転職を決断され、転職エージェントに登録される方も少なくないそうです。

薬剤師の初任給にしても、勤務先によって給与額は必ずしもこうならないケースはありますが、基本的には、

製薬企業 > ドラッグストア > 調剤薬局 > > 病院

といえるでしょう。

とはいえ、病院で積む事ができる業務経験に魅力を感じる薬剤師の方も多いと思います。

転職しやすい年代まで病院で経験を積み、その後で高年収を目指して転職をする、といったお考えの薬剤師さんも多いのではないでしょうか。

逆のパターンもありますね。

30代で病院薬剤師へ転職。
薬剤師不足はまだまだ続いていますから、40代で再び転職、といったことも十分可能です。

調剤薬局薬剤師の年収

調剤薬局に務める薬剤師の平均年収は580万円前後、と言われます。

業務内容としてもそこまで激務ではない職場が多いですし、休日もしっかり確保でき、この年収額であれば満足、という薬剤師さんも多いのではないでしょうか。

もちろん勤務する調剤薬局によっては思うほど、年収が上がらない場合もあります。
企業の規模によるところが大きいといえるでしょう。

一般的な企業の場合には、大規模企業の方が一般社員の平均年収は高額になりますが、調剤薬局の場合には規模が小さいほど一般薬剤師の年収が高くなる傾向にあります。

ドラッグストア薬剤師の年収

ドラッグストア薬剤師の年収は、高めです。

年収600万円~年収700万円

といった方は少なくありません。

薬剤師求人サイトで簡単に調べることが出来ますが、ドラッグストア薬剤師求人の給与は、450万円~700万円といった給与額で掲載されていることが多いです。

経験、年齢に応じて転職後に高年収で働きやすくなっています。

特に病院勤務で年収が安い・・・と感じている薬剤師さんは、転職によって年収が上がる可能性は非常に高いといえます。

年収100万円アップなども転職エージェントによっては可能ではないでしょうか。
初任給も高く給与設定されているドラッグストアが多いので、魅力的に感じる薬剤師の方も多いと思います。

今の職場は働きやすい!薬剤師単発バイトで収入アップする方法も

ただ・・・色々と考えているけれど、今の職場は人間関係も良くて働きやすいことは確か。

残業もそれなりにあるけれど、少なめ。

働きやすいから転職は迷うところ。
でもこれからの生活費、教育費を考えると収入アップはしたい・・・

転職先の人間関係も良いとは限らないし・・・

と悩みを持つ方も多いのでは、と思います。

その場合、連休や休日を利用して薬剤師単発バイトで稼ぐ、という方法もあります。

急に正社員、パートの薬剤師が欠勤することになった場合、急募で派遣会社に薬剤師の派遣依頼がある場合もあります。

人手不足で悩む調剤薬局も多く、そうした単発・スポット求人を紹介してもらい、1日だけ働くことも可能です。

⇒ ファル・メイト

などは調剤薬局などの単発・スポット求人を紹介してもらうことが可能です。

短期で派遣として集中して働くといったことも相談出来ます。

週1日からアルバイト可、夜間・掛け持ちOKの薬剤師求人が豊富な薬剤師転職エージェントとしては、

⇒ ファルマスタッフ

がオススメです。

ファルマスタッフはパート・アルバイトの薬剤師求人、派遣薬剤師求人も豊富です。

業界トップクラスの求人数となりますので、希望の働き方で仕事探しが成功しやすいといえます。

薬剤師 年収アップ成功のポイントは転職エージェントを介しての交渉

薬剤師さんが年収アップをしたい場合、即効性のある方法が転職であることは間違いありません。

転職によって年収が50万円以上アップするケースも少なくありませんが、今の職場で昇給を待って、それだけ年収アップするには何年かかるでしょうか?

仕事のやり甲斐、働きやすさ、人間関係、将来のキャリア・・・色々と考えてみて、転職することにより多くのメリットを感じるのでしたら、薬剤師専門の転職エージェントを利用しての転職活動に取り組まれることをおすすめします。

年収アップの成功のポイントは転職エージェントの活用です。

自分で給与交渉をすると失敗する可能性が高いです。

給与アップには根拠が必要ですし、転職先が必要としているスキル・経験を適切に把握しアピール出来た方が、高年収を引き出しやすくもなります。

そうした情報収集は、面接でいきなりできるものではないです。

人材採用に関して企業の人事担当者から情報を得ている転職エージェントならではの強み、といえます。

薬剤師専門の転職エージェントを利用するメリットは、多くあります。

  • 希望条件に沿った薬剤師求人紹介
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 志望動機の作成サポート
  • 給与交渉
  • 職場の内部情報の提供

など、転職に関してトータルでサポートしてもらうことが出来ます。

在職しながら転職活動をするという薬剤師さんも多いと思います。

様々なことを代行してくれる転職エージェントは、時間的な負担の面でも大きなメリットがあると言えます。

高給与 薬剤師求人が多い、おすすめ薬剤師専門の転職エージェント

高年収を転職によって実現するには、高給与で募集を行っている職場の情報が多い転職エージェントを利用する方法がオススメです。

薬キャリ(エムスリーキャリア)

ファルマスタッフ

マイナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

などは、求人数も豊富で転職による年収アップ事例が豊富です。

上記の中で、正社員、パート・アルバイト、派遣と全ての雇用形態で薬剤師求人を扱っているのは、薬キャリ、ファルマスタッフです。

派遣薬剤師の時給の高さをご存じの薬剤師さんも多いと思いますが、時給3,500円、時給4,000円といった高時給で短期間働き、稼いで少しリフレッシュするといった働き方も可能です。

時給3,500円で1日8時間、月に21日間働いた場合。
月収は、588,000円です。

様々な働き方で検討できるという意味でも、薬キャリ、ファルマスタッフはおすすめです。

正社員での高年収薬剤師求人も多いですから、ぜひ相談をされてみてはと思います。

Copyright© 薬剤師 年収アップのための転職 , 2019 All Rights Reserved.