年収が低いことに悩む薬剤師

年収が低い薬剤師

年収が低い、と悩んでいる薬剤師さんへ

投稿日:

年収が低い薬剤師が年収アップする方法

薬剤師の平均年収は、この数年は約580万円前後となっています。
この平均年収は薬剤師、全体での年収となりますので例えば、30代薬剤師の平均年収ということで見ると、500万円前後で考えることが出来ます。
薬剤師として頑張って働いてきたけれど、最近は忙しさに比べて年収が低いと感じる・・・といった悩みをお持ちの方も多いと思います。
また今後、昇給することを考えたとしても年収が低いために生活が厳しい、転職して年収アップしなければ子供の学費など目処が立たない、といったことでお悩みの薬剤師さんもいらっしゃるかもしれません。
年収が低いとお悩みの薬剤師さんが年収アップの転職に成功するには、どういったポイントに気をつけると良いか掲載しています。

薬剤師の平均年収

薬剤師の平均年収は、記事の最初にもありましたがこの数年は平均年収580万円前後、となっています。

職場によっては年収800万円といったように高額給与を稼いでいる薬剤師さんもいます。
管理薬剤師になれば、さらに高年収を得ている方も多いですよね。

薬剤師の年収アップの方法として、管理薬剤師になることを目指すのも一つの方法ですね。

しかし、誰もが管理薬剤師になることは出来ないですから、より現実的な方法として転職をして年収アップを実現する、といったことをお考えになる薬剤師さんは多いです。

ここではまず、職場ごとの薬剤師の年収を見ていきましょう。

病院薬剤師の年収

病院に勤務する薬剤師の年収としては、400万円~500万円。

病院薬局長になると年収700万円、年収800万円といった高給与が得られる病院もあります。

とはいえ薬局長は狭き門(1人しかなれませんし)ですから、病院での薬剤師キャリアを追求しようと考えている場合の他には、なかなか目指しにくいポジションかと思います。

夜勤もあり、病院に勤務する薬剤師の多くは体力的な厳しさもあり40代で転職される方も多いと言われます。

調剤薬局薬剤師の年収

調剤薬局薬剤師の年収は、450万円~700万円。

かなり職場によって差があると言えます。

ちなみに一般的に、規模の大きな企業に勤務する方が高年収になりますし、待遇も手厚くなることが多いですよね。

しかし薬剤師の場合は逆のケースになることが多く、規模が小さめな調剤薬局、地方の調剤薬局の方が高給与で薬剤師募集をしていたり、福利厚生や手当を手厚くして薬剤師を募集していることが多いです。

薬剤師不足が深刻な地方の方が、稼げる薬剤師求人が見つかりやすいのは皆さんご存じかと思います。

そうしたこともあって、短期間、地方の調剤薬局で派遣薬剤師として高額給与を稼ぐ方も実際いますね。
社宅、住居付きも多いので、本当にお金が貯まる求人案件です。

時給5,000円、時給6,000円の派遣薬剤師求人もありますよ。
試しに計算すると、びっくりするような月収になります。

半年~1年くらいなら、派遣薬剤師として地方勤務も良いかも、と考える方もいらっしゃるかもしれませんね。

ちなみに、そうした地方の高額給与の派遣求人をお探しになるには、

ファルマスタッフ

が派遣薬剤師求人が豊富なので、情報収集におすすめです。
(ファルマスタッフは正社員求人、パート・アルバイト求人も豊富な転職エージェントです)

ドラッグストア薬剤師の年収

ドラッグストアで働く薬剤師の年収は、一般薬剤師の場合にはそこまで年収の伸びが期待できない場合が多いです。

年収400万円~500万円。

店長など役職がついて、年収600万円~700万円といった年収に手が届くようになる企業が多いといえそうです。

ドラッグストアの多くは、勤務時間の長さ、残業、シフト勤務の体力的な厳しさなどもありますので、転職する方も少なくありません。

それこそ、年収アップを目的として転職される薬剤師さんも。

製薬会社 薬剤師の年収

製薬会社で働く薬剤師、といっても就く職種によって年収には大きな差が生まれます。

製薬会社の中でも高年収なのはMR職です。

昨今の規制もあり、MRの働き方も昔ながらの接待などは出来ず、医師のパートナーとして知識を持つMRが求められています。

そこで、薬剤師資格を持つMRが歓迎されています。

MRとして実績を上げることが出来れば、年収1,000万円超えも現実的にあります。

ただ製薬業界自体は、パテントクリフで売上げを落とす製薬会社も多く、さらには新薬を生み出しにくくなってきており業界全体が厳しくなりつつあります。

そのため、MRを辞めて薬剤師へ転職する方が、むしろ多いかもしれません。
30代であれば、まだ調剤未経験であっても薬剤師転職に成功出来るケースは多いと言えます。

MRの経験を評価する薬局も多いですから、経験を積む+高年収を得る、といったことでMRへの転職を計画される方もいらっしゃるかもしれませんね。

その他、製薬会社でも管理薬剤師のポジションもありますし、研究開発職、治験、薬事、学術/DIなど様々な職種があります。

基本的に、いずれの職種についてもドラッグストアなどで働く場合よりは、高年収となる場合が多いと言えます。

今の職場で、これから年収アップする見込みはある?

年収が低い、この給料では生活が厳しい・・・

と悩む場合、これから勤続を続けても年収アップがあまり期待出来ないという悩みも同時にある場合が多いと思います。

毎年どんどん昇給していくので、今は年収が低くても良い、という考えの薬剤師さんはほとんどいないのではないでしょうか。

今の年収が低ければ、将来もあまり高年収は期待できない。
そうした思いをお持ちの薬剤師さんが多いのでは、と思います。

勤務している職場での年収アップがあまり期待できないのであれば、転職を考えるのは現実的な選択肢です。

特に、キャリアとして違う経験をそろそろ積みたい、専門性のある薬剤師になるためには違う職場で働く必要がある、などお考えの場合には転職の重要性が高まります。

今の職場で残業時間が長く、家族とすれ違ってばかりいる・・・というお悩みを抱えている方も、転職によって解決出来る可能性もあります。

現状の年収が低い場合には希望する職場にもよりますが、転職する事によって年収アップできる可能性が高いです。

40代以降のキャリアを考えて転職することも重要

転職となると年収アップがやはり気になりますが、40代以降のキャリアも考えて転職先を決めることも重要となります。

転職しやすいといわれる薬剤師ですが、調剤経験が無いままに来てしまうと転職先が非常に限られてしまいます。

40代、50代でどういった働き方をしたいかも一度お考えになってみることをオススメいたします。

そのキャリアが積める職場でも、高年収の薬剤師求人を探すことは出来るはずです。

薬剤師求人を探す場合、高年収も気になる所ではありますが、積める経験、職場の雰囲気、残業の状況、賞与、転勤の有無、など実際に働くことを想定して、様々なことを確認されることをおすすめします。

そうした求人先の詳しい情報を確認することに関しては、薬剤師専門の転職エージェントが情報収集能力が高く、とても便利といえます。

給与交渉も行ってくれますよ。

転職することで薬剤師は年収アップできる

転職で年収アップに成功した薬剤師
転職によって年収アップに成功している薬剤師さんは多いです。

結婚、子供が生まれた、といったライフスタイルの変化から収入アップを目指して転職を検討されている薬剤師さんも多いと思います。

その方法として、薬剤師専門の転職エージェントを利用する方法がおすすめです。

希望の働き方、ライフスタイルに合わせた働き方の希望があれば、残業少なめ、年間休日が多い、有給休暇が取りやすい、といった部分も重視された方が良いでしょう。

転勤の有無も気になる薬剤師さんも多いかと思います。

複数の希望条件がある場合には、自分ではなかなか思ったように求人を見つけるのが難しいですから、求人紹介のプロである転職エージェントを活用される方が、良い職場が見つかることが多いといえます。

給与交渉もあなたに代わって行ってくれますよ。

プロの視点から、転職先が評価してくれやすいポイントを見つけて、高年収が引き出せるように交渉を行ってくれます

これから年収アップを含めて、転職活動をお考えの薬剤師さんはぜひ活用してみてくださいね。

⇒ 高給与 薬剤師求人が多い、おすすめ薬剤師専門の転職エージェント

-年収が低い薬剤師
-,

Copyright© 薬剤師 年収アップのための転職 , 2019 All Rights Reserved.