病院薬剤師の年収、給料

薬剤師の年収

病院薬剤師の年収、給料 安すぎ?

投稿日:

病院薬剤師の年収、給料、手取りはどう?

病院薬剤師として働きたい、患者さんと接して知識・経験を身に付けたい。
スキルアップのために病院薬剤師として就職、転職することを希望されている薬剤師さんも多いと思います。
病院薬剤師の年収って低い、安すぎる!と言われるけれど、実際、どのくらい年収もらってる?年収アップさせるための方法はないの?といったことについて掲載をしています。
病院薬剤師の求人を見つける方法、逆にもっと年収が高い職場へ転職したい病院薬剤師を辞めたい方向けの転職エージェントなどについてもご紹介しています。

病院薬剤師の年収

病院薬剤師の年収はいくら位になるのでしょうか。

安い安い、と言われる病院薬剤師ですが生活できないほど安すぎると言うわけではありません。

他の薬剤師の職場(調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社)などと比較をして安い、ということになります。

病院薬剤師の年収ですが、新卒で350万円~400万円

その後の年収としては、400万円~650万円

こうのような年収で勤務される病院薬剤師の方が多いと言えます。

薬剤師求人サイトでの病院薬剤師の給与

新卒薬剤師の方も含めて、もっと臨床経験を積みたいので病院薬剤師として転職したい!とお考えの薬剤師さんも多いと思いますが、薬剤師求人を調べることが出来る求人サイトを利用して調べてみると・・・

病院からの薬剤師求人の多くがどれくらいの給与で掲載しているかというと、

年収400万円~650万円

での求人掲載が多くなっています。

レア求人として、年収700万円、年収800万円を目指せる病院薬剤師の求人!もありますが、実際のところ、転職でMAX給与が出ることは難しいのですね。

それに希望のエリアで高年収の病院薬剤師求人が見つかるとは限りません。

病院薬剤師の場合、勤務後の昇給に関しても注意が必要です。

薬剤師の給料が頭打ちになる年齢、50代前後となる方が多いですが頭打ちになる年齢までにどこまで年収アップできるか、といったこともキャリアを考える上では重視したい薬剤師の方も多いのではないでしょうか。

新卒薬剤師、若手薬剤師の方は貴重な経験が積める職場として、患者さんと密接に関わることが出来る職場として、病院薬剤師としての勤務を希望する方も多いと思います。

しかし、将来的に家族ができてもっと高い年収が欲しい、と考えるタイミングでは転職を考えることも必要になるかもしれません。

病院薬剤師の年収が低い理由

病院薬剤師の年収は、他の調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社での薬剤師の年収と比較して、安いと言わざるを得ません。

もちろん病院以外の職場であっても、勤務先によっては平均年収よりも低い年収となる可能性もありますが、平均年収は安いです。

病院薬剤師の年収が低い理由として挙げられるのは、次のような理由からだと考えられています。

病院薬剤師の年収が低い理由

  • 財源が、病院で重要な医師、看護師の給与に振り分けられるため
  • 薬学生に人気の職場で、薬剤師を採用しやすいため
  • 病院ごとに給与が決まっている

などの理由があります。

病院で最も重要なのは医師です。

医師を確保するため、可能な限り提示する給与・年収を上げたいという方針の病院は多いでしょう。

医師を確保出来ずに診療科を閉鎖しなくてはならないケースもあります。
そうなると、病院としては大打撃です。

看護師も重要ですし、人手不足に悩む病院は多いです。

今もそうともいえますが、看護師の獲得合戦のような状況になっているエリアもあり、看護師も高給与を提示して、応募を確保したいという病院は多いといえます。

それに比較して、病院薬剤師は集まりやすいと言われています。

そのため、医師や看護師のように給与を高く設定しなくても採用を確保できるため、結果として初任給、その後の年収が安い状況になっているといえます。

給料が安い!それでも病院薬剤師になるメリット

病院薬剤師の年収、手取りは他の職場、調剤薬局やドラッグストアと比較して安いことが多いですが、それでも人気の職場となっているからには理由があります。

病院薬剤師になるメリット、といっても良いでしょう。

病院薬剤師になるメリット

  • 他の職場には無い、薬剤師としての臨床経験を積むことが出来る
  • 患者さんとの距離が近く、やり甲斐を感じることが出来る
  • 大病院ほど症例が多く経験を積め、専門性を高められる
  • 福利厚生が充実している(院内託児所あり、寮完備、住宅手当など)
  • 産休・育休を取得しやすい

また、病院によっては有給休暇が取りやすい、といった働きやすさの面でもメリットがあるようです。

病院は福利厚生に力を入れているところも多く、薬剤師も同様に利用することが出来ます。

特にママさんナースの確保に力を入れている病院は多く、24時間対応の院内託児所ありの場合、子供が小さくても寝ている間に夜勤をすることが出来ます。
(子育て中の夜勤あり勤務は、迷われる方も多いかもしれませんね)

病院薬剤師を目指す方の多くは、やはり臨床経験が積めること、患者さんとの距離が近いことが大きな理由となっているのではないでしょうか。

病院薬剤師が年収アップするには

病院薬剤師が年収アップするには、公務員薬剤師を目指す方法があります。

国公立病院の薬剤師になる事が出来れば、将来的な安定を手に入れることが出来ます。

公務員は勤続年数に応じて年収が上がって行きますし、多くの退職金も期待出来ます。

ただし、国公立病院の薬剤師に中途からなるのは狭き門となります。

薬剤師は新卒採用が多く、キャリア転職はあまり見ることが出来ません。
また有ったとしても、非常に高い倍率となるため応募しても不採用になることが多くなってしまいます。

なりたくても、なかなかなれないのが公務員薬剤師、といえそうです。

確実に年収アップしたい場合には、転職が現実的な方法といえます。

病院薬剤師の場合、転職すると多くの方が年収アップを実現しやすいと言われますので(それだけ他職場と比べて年収が低いということなのですが・・・)、生活のために年収アップを考えたい場合には、転職も視野に入れられることをおすすめします。

病院薬剤師 求人を見つけるには

病院薬剤師として働きたい場合、病院薬剤師の求人を見つける方法としては次のような方法があります。

  • 病院の採用情報をチェックする
  • 薬剤師求人サイトで調べる
  • 薬剤師専門の転職エージェントを利用する

オススメするのは、薬剤師専門の転職エージェントを利用した転職活動の方法です。

転職エージェントを利用することで転職活動に関することのほとんどを、代わりに行ってもらう事が出来ます。

薬剤師専門の転職エージェントには、病院薬剤師の求人も多数集まっています。

「お住まいのエリアで、薬剤師募集をしている病院を教えてもらう」

ことが出来ます。

  • 病院薬剤師の求人探し
  • 職場の詳しい情報提供(年収、仕事内容、福利厚生など)
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 志望動機の作成サポート
  • 面接対策

転職活動にかかる負担を極力減らすことが出来ます。

在職しながら転職活動をする薬剤師さんも多いと思います、

全てを自分でこなしていたら、時間がいくらあっても足りません!
転職エージェントを活用することでほとんどを代わりに行ってもらうことができるため、スムーズに転職先を決めることが可能となります。

高年収を引き出すための給与交渉もしてくれます。

薬剤師専門の転職エージェント

転職エージェントもたくさんあるのですが、薬剤師専門の転職エージェントを利用すると良いです。

コンサルタントも薬剤師業界ならではの専門知識を持っていますし、元薬剤師、医療関係者も多く、話が通じやすいためです。

⇒ 薬キャリ(エムスリーキャリア)

⇒ ファルマスタッフ

⇒ マイナビ薬剤師

⇒ リクナビ薬剤師

などの薬剤師専門の転職エージェントが求人数も多く、病院薬剤師の求人も見つけやすいのでオススメです。

病院薬剤師を辞めたい、もっと高年収の薬剤師求人を見つけたい場合

もし今、病院薬剤師として働いていて、もっと高い収入を得たい事情が出来た場合など、転職をするのが高年収を得る方法といえます。

病院薬剤師として3年目、4年目。
そろそろ違うキャリアを積んでも良いかもしれない・・・といった気持ちもあるようでしたら、それも含めて転職先探しを相談することが出来ます。

薬剤師専門の転職エージェントはこれまでにも多くの薬剤師の方の転職支援を行ってきています。

職場によって積める経験、キャリア、実現出来る生活などについても把握していますので、希望の働き方で求人紹介を受けることが出来ます。

病院薬剤師を辞めたい、そろそろ違うキャリアを積みたい、といった場合にも、薬剤師専門の転職エージェントを活用されることをオススメいたします。

-薬剤師の年収
-,

Copyright© 薬剤師 年収アップのための転職 , 2019 All Rights Reserved.