年収が上がらない、悩む薬剤師

薬剤師の年収

薬剤師 年収は何歳で頭打ちになる?

投稿日:

薬剤師 年収が頭打ちになる年齢

薬剤師の年収は頭打ちになります。出来れば定年退職までずっと右肩上がりに年収アップしていくと良いのですが、そういう訳にはいかないようです。
年収が頭打ちになる年齢を考えると、薬剤師の生涯年収は決して他の職種の方と比べて高いとはいえません。
年収が頭打ちになる年齢を考え、あらかじめ高年収で働くことが出来る職場へ転職しておくという考え方もあります。
管理薬剤師になれば年収1,000万円も狙える職場もありますから、30代、40代前半の間にキャリアについてお考えになる時間を持つのもおすすめです。

年収が頭打ちになる薬剤師という職種

薬剤師の大手転職エージェント、薬キャリによると、薬剤師の年収が頭打ちになる年齢は40代後半です。

薬キャリ 薬剤師の平均年収

薬キャリ 徹底調査!薬剤師の平均年収比較より

⇒ 薬キャリへのご登録はこちらから

40代後半までは年収が増え、50代になってからは下がり始める、という年収の動きは一般的なものといえますが重要なのは、年収が頭打ちになる年齢までに

「年収がいくらまでアップしているか」

です。

薬剤師の平均年収は580万円前後、となっていはいますが、こうした平均年収は高年収の企業に引っ張られていることも実際多いんですよね。

ですから、もっと年収が低い薬剤師さんも多いといえるでしょう。

例えば、40代で年収300万円台の薬剤師さんもいらっしゃると思います。

その場合、年収が頭打ちになる50歳頃を目前にして年収がどこまで上がるか、そこまで期待をするのは難しいのではないでしょうか。

東京都 薬剤師の年収

再び薬剤師の転職エージェント大手、薬キャリからとなりますが、東京都の薬剤師の平均年収は約570万円となっています。

薬キャリ 東京都の薬剤師の平均年収

薬キャリ 都道府県別 薬剤師年収ランキング(2018年版)より

⇒ 薬キャリへのご登録はこちらから

東京都の薬剤師の平均年収は、全体の平均年収よりも下回っているということになります。

平均年収よりも100万円など少ない年収で働く薬剤師さんも、実際には多いのではと思います。

東京都の薬剤師の平均年収が低い理由としては、薬剤師が充足していることが第一に挙げられます。

薬剤師の給与の高さは、地方にいけば行くほど高いことは知られていますよね。
それもこれも、薬剤師の確保(採用)が難しいためです。

高年収を提示する事で、隣接するエリアや都市部から地方に働きに来て欲しい、といった期待値も込められての高年収といって良いでしょう。

実際、地方の高収入薬剤師求人を調べていると、大抵、

「住宅付」

「社宅あり」

といったような募集となっています。

さらには「引越費用負担あり」の薬剤師求人も多く、フットワークの軽い薬剤師さんであれば、すぐにでも引越て高額給与で働けるといえます。

実際に数年間、地方で高年収で働いて資金を貯めて、調剤薬局の開業資金にするといった薬剤師さんや、数年おきに勤務先を変えて長く住める土地探しも兼ねるといった薬剤師さんも。

地方は物価も安いですし、お金を遣うところも少ないため、お金がしっかり貯まるということです。

地方であれば、年収800万の薬剤師求人など都内ではまず出てこないような高額年収の薬剤師求人が見つかる可能性もあります。

男性薬剤師は特に!キャリアを考えないと生涯年収が少なくなる!?

男性薬剤師の場合、休職をしたり、何年間も離職をするといったことは少ないと思います。

女性薬剤師の方の場合には、出産・育児などもありお仕事から離れる時期がどうしても発生してしまうといえますが、男性薬剤師の場合には多くの方が新卒で入社してから、転職を挟むにしてもお仕事を継続すると思います。

生涯年収を考えた場合、キャリアをしっかり考えないと数千万単位で生涯年収が変わってくる可能性があります。

年収アップをするためには、ドラッグストアであれば役職に就く必要があるでしょう。
まずは店長を目指し、さらにその上の役職を目指さなければ、年収アップは難しいと言えます。

調剤薬局薬剤師として働く場合、勤務する薬局の基本給、賞与の支給月数、手当が重要です。
薬局の規模も大きく影響してきますから、ある程度、規模の小さい調剤薬局を選ぶことも必要になってくるといえます。

管理薬剤師を目指すキャリアもありです。
年収アップをしやすくなります。

40代での薬剤師としてのキャリア、そして年収が頭打ちになる年齢である50代前半でどこまで年収を上げることが出来ているか。

そうしたことにより、生涯年収を大きく変えることになります。

薬剤師の生涯年収は働き方で変わる

薬剤師の生涯年収ですが、働き方がで大きく変わります。

働き方によっては、生涯現役、みたいなことは十分に可能な職業ですよね。

70歳を超えて活躍している薬剤師のおばあちゃんがいますが、年を取ってきてから仕事が益々楽しくなってきた、と今日も薬局に立って常連さんの悩みに応じたり、新規の患者さんの症状を丁寧に聞いて相談に乗ったりしています。

性格的なものもあるかもしれませんが、とても粘り強く、丁寧なのです。
漢方の知識もあるようなので、そうしたことも仕事にプラスになっているのかもしれません。

薬剤師として、長く働けば働くほど生涯賃金は増えますよね。

一例ですが、製薬会社に勤務する薬剤師は、どのような職種で働いたとしても一般薬剤師の年収よりも高年収を得やすいといえますが、定年があります。

企業によりますが、60歳、65歳で定年となります。
それよりも前の年齢で、役職定年などがあり年収ダウンしている可能性もあります。

60歳までと考えれば生涯年収は高いかもしれませんが、その後も働き続けることが出来る薬剤師の仕事のやり甲斐、生涯年収の伸びを考えると働き方を考えてみたい、という薬剤師さんもいらっしゃるかもしれません。

もちろん将来的に年金支給の年齢が何歳になるか分かりませんが、65歳くらいになったら仕事を引退して、趣味や旅行を中心として人生を楽しみたい、といった考え方もあります。

そのために、若いうちに高年収の職場へ転職して生涯年収を稼ぐ、といったことも良いかもしれません。

働き方によっては薬剤師は長く仕事を続けていくことが出来ます。

そうしたキャリアについても、一度時間をお取りになって考えてみるのも良いかもしれません。

薬剤師が年収を上げる方法

薬剤師が年収を上げる方法として、実は確実性が高い方法が転職、なのです。

もちろん、既に年収700万を得ている薬剤師さんがさらに高年収を狙って転職をする、といった場合には難易度が高いですが・・・

今、もし平均年収よりも下回るような年収で働く薬剤師さんであれば、お持ちの経験などによっては十分に年収アップを狙えるといえます。

薬剤師求人サイトを見れば、年収が明記されています。

【給与】450万~750万円

といった書き方の場合、最高額で転職出来ることは難しいかもしれませんが、その間の年収での転職であれば、交渉次第では十分に可能といえます。

給与交渉はあなたの経歴、経験、年齢に基づいて転職エージェントが代行してくれます。

転職する薬剤師さんの年収が高いことが、転職エージェントの売上げに直結しますから、可能な限り高年収での落とし所を探してくれるでしょう。

⇒ 高給与 薬剤師求人が多い、おすすめ薬剤師専門の転職エージェント

プロの視点から、転職先が評価してくれやすいポイントを見つけて、高年収が引き出せるように交渉を行ってくれます。

これから年収アップを含めて、転職活動をお考えの薬剤師さんは相談されてみてはいかがでしょうか。

-薬剤師の年収
-

Copyright© 薬剤師 年収アップのための転職 , 2019 All Rights Reserved.